偉大なる折田先生・その弐



歴代落書きの数々については
情報系研究室(櫻川研)のサイト( 「折田先生(像)七変化」) で公開されていた写真を一度参照されたし。

また、本サイトの年表にもまとめた。


銅像アート(悪戯)は
主に三つの構成要素から成り立つ。


   1)塗り
   2)装着
   3)文言


以下に例をあげる。


yakisoban

「塗り」を究めた代表作:「ヤキソバン
(写真出典:「折田先生(像)七変化」)



初期の作品において
塗りの基本は単色であった。
しかしヤキソバン出現時から一変する。

この見事なまでのツートンに加え
顔の肌色メーク。
まさに「塗り」の最高峰である。



実はこの作品、「塗り」ばかりでなく
「文言」や「装着」についても一級である。

銅像の台座に残る歴代の様々な落書き跡にも味があるが
「平成六年卒業制作」という白文字には
並々ならぬ作者の決意と覚悟を感じた。


良く見れば「折田先生像」という名札が
「富岡先生像」とも書き換えられている。

マイケル富岡、、、。












cycle

「装着」の代表作:「サイクリング部(勧誘編)
(出典:同上)


この自転車は放置自転車なのだろうか。

だとすれば当時放置自転車が散乱していた
キャンパス環境に対するアンチテーゼとも言える。


折しも春、新入生を迎え入れる時期である。


首謀者はサイクリング部員だったのであろうか。
疑われたサイクリング部にとっては
きっと迷惑な話であったに違いない。


もちろん「私も入ってます!!」
という一文は全く信用できない。






















moai

そして「装着」の道を究めたものが
「かぶせ」
である。




御覧になれおわかりになるとおり、
もはやこれは落書きではない。




inserted by FC2 system